アメリカに社会主義がやってくるのか

民主党の望まない結果が出た予備選

2月12日にニューハンプシャー州であった予備選の結果はアイオワ州の結果に沿ったようなものだった。だからこそ民主党は悩みがつきないだろう。アメリカ全土での世論調査ではバイデン氏がトップだったが、予備選が始まればその世論調査がいかに偏りがあったかというのが判明した。中道派のブティジェッチ氏は勢いを背に躍進しサンダース氏は若年層を中心に熱い支持を得ている。現在はこの2人で民主党候補の座を争っている状況だ。バイデン氏は劣勢に立たされておりこのままでは民主党候補の座を狙うには難しいだろう。民主党としては中道派の候補を擁立したいところだがブティジェッジ氏は若くクロブチャーは微妙、サンダース氏とウォーレン氏は過激な政策を掲げ社会主義に近い、本命のバイデン氏は予想以上に悲惨な結果。民主党はこのままではトランプ氏には勝てないだろう。勝負となる来月の3月3日のスーパーチューズデーはブルームバーグ氏も一定票を獲得してくるだろうと考えるとバイデン氏はますます勝つことが難しくなるだろう。社会主義は民主党の求めるところではなく今回の選挙は民主党の課題を明らかにするだろう。

社会カテゴリの最新記事