【PNN】経営学の「け」、専門知識を学ぶことにデメリットはない 経営学①

【PNN】経営学の「け」、専門知識を学ぶことにデメリットはない 経営学①

・経営学=経営者のもの?

 経営学を経営者になるためのものと解釈するのであればそれは間違いだ。経営学は経営者だけのものではない。経営者になりたいのであれば経営学は半分程度に最近の成功者の自伝を読んで共通点を探し身につけた方がよっぽどいい。自伝系はアメリカだけでなく、イギリスなどの欧州、さらにはアジア(中国やインドなど)にたくさん成功者はいて読めるものは読めるのだからぜひとも進める。経営学は現在進行形で経営を科学し、最適な組織論や戦略論を研究している学問であり、現在使われている戦略や組織論の科学的裏付けを取ることなども研究の一部である以上、若干過去の理論の勉強になる可能性は十分にあるのだ。ゆえに経営者になりたいのであれば、経営学とマインドづくりとアイディアと成功者の自伝などを読んで実践していった方が効率はいいように思える。

 では経営学は何のための学問か。それは組織や人生戦略など集団から個人まで幅広く使える人間の成長を促し視野を広げる学問だ。自己管理も集団の中でのポジション確認やその後の行動も経営学は網羅している。経営学はどんな立場の人間にも使えるし、それは学生や社会人問わず利用できるものだ。これは意外と知られていないのではないか。経営学を応用すれば人生や友人関係を改善することもできるし、自分の時間の増加など時間の使い方にゆとりをもてるようになる。自らを経営する人間のために経営学は十分な効果があるのである。

・専門知を学ぶという意義

 昔から勉強する意味を考えることはあるが、大学に入ってしばらくするとその問いは私の中では消えた。勉強が嫌いな時期を経験することはあるだろうが、そのような問いは時間が経ち、大人になるとなくなる。これは歳をとったことを意味すると同時に現実を見えているということを表しているのだろう。今の私にとって物を知ることは苦ではない。勉強とも思わない。「勉強をしろ」という強制力がなくなってからこれを感じた。私自身が天邪鬼の気があるのも要因だろうが、最近の私にとって勉強はやらされるものではなく自然とするものとなったのだ。これは中高の時代から考えると大きな差である。当時の私にとって勉強は私の自由な時間を奪う行為であり、その強制力を持って命令される形が気に食わず教員に反発ばかりしていたが、今ではそれはない。大学教員や指導教員に意見して数十分にわたって意見交換することもあるが、あれを私はただの反発だと思わないのだ。自分の成長であり、教員の成長にもつながると考えている。専門知は私に会話の幅を与え、私のものを見る視野を広げた。これこそが大変貴重な経験だった。知らないことを知るということはその分野に足を踏み入れるきっかけを得ることと同義であり、私は法律から政治に転科した経験があるが、政治に足を踏み入れて政治によりくわしくなり、それはあれだけ嫌だった法律に興味を向けるまでになったのである。さらに経済、経営、宗教、金融などにも派生し、多くの読書の経験を与えた。元々アニメなどのサブカル好きでラノベしか読んでなかった私が今、戦前の文学に触れ、学術書などに手が伸びるようになったのは全て興味のなせる業であり、同時に専門知の魅力に惹かれたこと以外にはない。

 専門知は一見社会に必要のないもののように見える。しかし、実際専門知は社会の第一線で利用されており、それを知らないがゆえに認識できないだけなのだ。知るということはどこまでも社会における自分の立場を創出する可能性に一役買い、自分の才能の潜在能力を高める。それは何でもいい。専門知であればそれは必ず自分のためになる。政治を知ることは自分の生活を変えることに繋がる(例.規制や税金、給付金などを決める政府に自分の選挙区の人間が影響力を行使すれば自分の優位に事が運ぶかもしれない)、法律を知ればもめごとに強くなる(例.社会のルールである法律は必ず厄介な問題から自分を守る武器になる)、他にも経済や経営、心理などの人文科学、社会科学、理学なども全て社会を構成する一部の根本となる専門知である以上、知ってることに損はない。

 これを損と感じるかはもはや主観的なものだ。勉強する時間を他の自分の有意義な時間に使いたいというのも信条としてあるだろう。それは間違いではない。むしろ自然のことだ。必要のないと認識したことをわざわざやる必要を見出すことは難しいだろう。ここは個人の認識の問題である以上、どうにもならない。しかし、必ず専門知は人生の幅と視野を広げ知識欲を増進させ、人生の選択肢を増やしてくれることだけは自信を持って私からいえることだ。

 このシリーズではそのような観点から経営学を紹介し、人生を豊かにするための経営戦略や成功者の理論を開設する。

Polimos代表 オカソ

videoカテゴリの最新記事