現在の日本の雇用状況

現在の日本の雇用状況

5月29日に総務省が労働力調査2020年4月分結果を公表した。就業者数は先月に比べ80万人減少し、雇用者数は36万人減少したという内容だ。失業率も2.6%に、さらに完全失業者も増加している。原因は当然コロナだ。これが大変重要な情報であることは間違いない。この調子では当然、今年の就職率も悲惨なものになることが予想される。多くの労働者や経営者に危機が現在進行形で迫っていることを如実に表している。すでにこれだけの人が被害を受けているのだ。第二次補正予算が発表されたが、効果を発揮するのは6月以降だろう。それゆえに5月の統計結果も悲惨なものである可能性が高いかもしれない。社会・経済の危機の中で政府はより一層の対策をとらなければいけないことは間違いない。現金一律給付第二段がありえるかもしれないと時事通信が報じていたが、それも含め第三次補正予算など経済復活のためにあらゆる策を政府には考えて実行してもらいたい。

経済カテゴリの最新記事