大阪都構想の中身を見る

大阪都構想の中身を見る

 11月1日に住民投票となる「大阪都構想」。賛成・反対双方様々な意見が飛び交っており、大阪以外の人には関係なく感じられ、どこか触れにくさを感じていた。その内容について触れながら解説していく。

・大阪都構想って何?

 大阪都構想というが別に大阪を「都」にする構想ではない。東京都のような行政体制にするだけで中身は大阪市を解体し、特別区を設置するというものだ。

・大阪市をなくすのはいいことなのか?

おおさか維新の会の「大阪都構想」紹介サイト

https://oneosaka.jp/tokoso/question.php

 これに関して言えば比較材料がないわけではない。それは東京だ。昔は東京市が存在しており、それが戦中に廃止され現在の特別行政区になる。東京市の時代と現在ではどちらの方がいいのか。時代が違うため判断が難しいところではあるが、行政の処理は圧倒的に現在の方がいいだろう。

 現在の特別行政区を再び東京市に戻そうという議論は存在しない。これこそある意味、特別行政区の設置が悪くないことの証明ではないか。

 地方自治における大都市と都道府県の対立は長きにわたって議論されてきた問題だ。中でも大阪都構想賛成派の言う二重行政の解消は市民にとって税金の無駄がなくなりいいことだろう。 これは地方自治体の仕事が割と自由(広域行政)であることが影響している。地方自治体は中央の業務ではないとされた業務を住民の利益に反さない限り行える。これによって府と市の間に競争関係ができ無駄が生じているのだ。

 反対派の意見も様々あるが、自民党・立憲民主党・共産党などは利権代表だ。毎日新聞が中心となって誤報を出したように、役所内の役人の一部と既得権益層は反対に周りネガティブキャンペーンを行っている。しかし、反対意見の中には既得権益系とは違い、適切な批判をしている人もいる。

 大阪都構想による行政改革によってあらゆる問題は解消しますかと言われれば、そうではない。きっと後々新たな問題が発生することだろう。しかし、それは仕方のないことだ。なぜなら、完璧な政策など存在しないからである。大阪都構想によって良くはなるだろうが、問題が生じないわけではないということは留意していてもらいたいことだ。

 大阪都構想によって新たに特別行政区が設置されると市民の行政サービスの質が落ちるというが、二重行政の解消によって府と区の業務分担が明確にされるためその心配はないと考える。さらに言えば、特別行政区の設置によって市民は区民となり区長を選挙によって選ぶことになるので自らの意見を政治に反映させやすくなる。行政範囲が狭くなることでその地域にあった行政を選択できるようになるのだ。しかも選挙で選ぶので実績を挙げられなければ落選させることができる。

 全体的に言えば賛成によって行政改革となっても市民生活に大きな影響は起きないと考える。さらに言えば賛成によって大阪市近隣の地域も好影響が出るとも言われている。

 税金の無駄の解消によって市民の負担が軽減され、行政改革によって業務が分担されより迅速な対応となる。住民がどのような選択をするかわからないが、とりあえず、外国人行政区ができるであったり、新自由主義的だから貧困が進むとか、中国に買われるなどの極端かつ無理のある意見に惑わされずに判断してもらいたい。

Polimos管理人 オカソ

videoカテゴリの最新記事