【ニュース】12月5日~12月11日のニュース~トランプ大統領の提訴、最高裁で棄却や菅政権支持率急落など~

【ニュース】12月5日~12月11日のニュース~トランプ大統領の提訴、最高裁で棄却や菅政権支持率急落など~

今週は実験的にオカソ一人での放送となりました。

・香港も中国本土と同じ扱いへ―ポンペオ国務長官発言

 中国からの弾圧が強まっている香港についてアメリカのポンペオ国務長官は香港も中国と同じ扱いにすると発言した。香港の民主派は現在非常に厳しい状態にある。代表的な民主活動家の逮捕、民主派系の新聞社の創設者も逮捕され、直近だと元民主派議員も逮捕された。これは完全な弾圧行為であり、重大な問題だ。香港という金融都市の価値は急落に低下している。亡命を望む活動家もおり、各国からの支援が香港に必要となっているのが現状だ。

・ドイツ政府、中国締め出しへ

 ドイツ政府は中国の軍需関連国有企業によるドイツの衛星・レーダー関連技術企業ISMTの買収を国家安全保障上の懸念から阻止した。長きにわたって中国と良好な関係を築いてきたドイツだが、さすがにこれは拒否したようだ。このような中国による金銭を利用した他国への介入はようやく問題として認知され始めたもので、今後もファーウェイの締め出しなども含めた安全保障の維持のための対中戦略は実施されていくだろう。

・最高裁トランプ氏訴え棄却

 これについてはこれ以上の意味はもたない。どれだけ訴訟を起こそうと難しいとのことだろう。実際、トランプ氏の影響力が低下してきているとのデータも出てきており、共和党の保守派の牽引者としての彼はもう遠いことなのかもしれない。

・菅政権支持率急落

 コロナの第三波の到来によって菅政権の支持率が急落している。これについては別に撮影をしたので詳細に記述するのはやめるが、コロナ不況とコロナ感染対策の両輪の維持というのは大変難しい。重症者の増加や病院のひっ迫をメディアが報ずるたびに人々は心配になり、いち早いGo toなどの一部経済対策の停止を求める声は増加する。

 都市部ではそうでもないが、地方では感染した人間を村八分にするようなこともあるらしく、地域によって感染したくないという声は非常に大きい。実際自殺率も増加している中で、菅政権は難しいかじ取りを迫られている。追加経済対策も発表しているがその内容を見ると、未だ賛否両論ある現状が続きそうだ。

・イギリスがファイザーのワクチン承認

 イギリスのジョンソン政権はアメリカのファイザーがつくったコロナワクチンを承認し、早速接種を始めた。問題もあるとかないとかいろんな噂が出始めているが、中露が作ったワクチンよりも安全なのは間違いないだろう。今後、日本でもワクチンがつくられ、段階的にコロナとの共存が始まることになるのだ。

・ Facebook訴えられる

 アメリカにおけるGAFAへの不満は日に日に高まっており、これはGAFA側からすると厄介なことこのうえない。アメリカ司法省はgoogle(alphabet)を検索プラットフォームの独占だとし訴えている。今回のアメリカの委員会による訴えはFacebookが後に競争する可能性があった会社を買収し、市場競争を意図的になくしたのではないかという疑惑によるものだ。Facebookは仮想通貨リブラの発行を目座すなど幅広い観点でアメリカの技術革新の中心を担っている。民主党からはGAFAはスーパーリッチだとされ、高い税金の徴収を求められ、共和党からは競争の阻害、保守派の意図的言論封殺などで反感を買っており、この辛い状況は今後もしばらく続くだろう。

・今週の本紹介

「世界一シンプルな経済学」ヘンリー・ハズリット(著)

以上が12月5日~12月11日まででPolimosニュースが取り上げた内容でした。

ニュースは毎週金曜の夜にプレミアム公開という形で公開してます。

来週はオカソとテルの二人での放送です。21時にプレミア公開されるのでお楽しみに。

それではまた来週お会いしましょう。

Polimos管理人 オカソ

videoカテゴリの最新記事